研究内容の説明
(1) デンドリマー分子糊を用いるドラッグデリバリーMolecular_glue.htmlshapeimage_3_link_0
(2) 生体内分子機械からなる刺激応用性バイオナノチューブの創製とドラッグデリバリーBio-nanotube.htmlshapeimage_4_link_0
(3) 低炭素社会を牽引する「アクアマテリアル」の開拓:水の材料科学Aquamaterial.htmlBio-nanotube.htmlshapeimage_5_link_0
(4) グラファイトナノチューブの創製と有機エレクトロニクスへの応用Graphite-nanotube.htmlshapeimage_6_link_0
(5) バッキーゲルを用いる柔軟・伸縮性電子材料Bucky_gel.htmlshapeimage_7_link_0
(6) 有機半導体液晶の開拓と太陽電池への応用Organic_semiconductor.htmlshapeimage_8_link_0
(8) デンドリマーを用いる光捕集アンテナの開拓Light_harvesting_dendrimer.htmlshapeimage_9_link_0
(7) 精密重合を利用する新しい電子活性高分子の開拓Polymer.htmlshapeimage_10_link_0
(9) インテリジェント分子機械の開拓と応用Molecular_machine.htmlshapeimage_11_link_0
(10) らせん分子のキラル科学と超分子科学Helical_molecule.htmlshapeimage_12_link_0
相田研では、チャレンジャー気質をもつ優れた学生諸君に支えられ、下記に示した独多くの戦略的研究を推進しています。基礎を有機化学・高分子化学・超分子科学に置き、ナノバイオ・環境・エネルギーといった社会の要請に密接に関係したテーマに挑戦しています。また、これら以外にも、学生諸君本人の提案による研究テーマも進行しています。
下記項目のクリックにより、より詳細な内容を見ることができます。
相田研究室トップへ../AIDA_LABORATORY_JP/TOP_JP.htmlshapeimage_14_link_0