有機半導体液晶の開拓と太陽電池への応用
研究内容(6)
有機薄膜太陽電池や有機電界効果トランジスターとして作動可能な有機半導体液晶材料を開拓している。特に、溶液キャストで大面積化が可能、自己修復機能を有し、電場などに応答して分子の配向をスイッチできる素材に注目し、ソフトな有機電子材料の新機軸を構築することを目的としている。また、無機多孔体との複合化や同様の機能を有するナノファイバーの開拓も行っている。
JACS 2008, JACS 2008
JACS 2009, JACS 2009など
エネルギー
次のトピックへ Polymer.htmlshapeimage_9_link_0
トピック一覧へTopics_JP.htmlshapeimage_10_link_0
相田研究室トップへ../AIDA_LABORATORY_JP/TOP_JP.htmlshapeimage_11_link_0
  前のトピックへBucky_gel.htmlshapeimage_12_link_0
Polymer.html
Bucky_gel.html