インテリジェント分子機械の開拓と応用
紫外光・可視光に応答して双方向に異性化するフォトクロミックユニットとフェロセンを組み合わせ、「ゲスト分子を捕まえ、光応答によりそれをねじ曲げる」ことができるナノスケールの分子ペンチを開拓した。この原理をもとに、様々な応用を展開している。また、複数のフェロセンからなる新しい環境応答性分子の設計にも挑戦している。
研究内容(9)
JACS 2003, Nature 2006など
超分子科学
次のトピックへ Helical_molecule.htmlshapeimage_7_link_0
トピック一覧へTopics_JP.htmlshapeimage_8_link_0
相田研究室トップへ../AIDA_LABORATORY_JP/TOP_JP.htmlshapeimage_9_link_0
  前のトピックへLight_harvesting_dendrimer.htmlshapeimage_10_link_0
Helical_molecule.html
Light_harvesting_dendrimer.html