色素ユニットを光捕集素子として用いたデンドリマーが光エネルギーを捕集し、その励起エネルギーを高い効率で分子の中央部に集めるという特異な「光捕集アンテナ機能」を見出した。この原理を利用し、水の光分解など、次世代のエネルギー問題の解決に向けた戦略的研究を展開している。
デンドリマーを用いる光捕集アンテナの開拓
研究内容(8)
エネルギー
Nature 1997
Nature Materials 2005
Angew 2003, JACS 2006 など
次のトピックへ Molecular_machine.htmlshapeimage_6_link_0
トピック一覧へTopics_JP.htmlshapeimage_7_link_0
相田研究室トップへ../AIDA_LABORATORY_JP/TOP_JP.htmlshapeimage_8_link_0
  前のトピックへPolymer.htmlshapeimage_9_link_0
Molecular_machine.html
Polymer.html