核酸やペプチドのラセンは、生体内の情報伝達において極めて重要な役割を担っている。いくつかの人工分子も同様のラセンを形成することが知られている。ここでは、αーアミノ酸のように不斉炭素をもたないアミノ酸から得られる動的ラセン(右巻き・左巻きのスイッチングが起こる)などの設計と応用について、戦略的研究を展開している。
らせん分子のキラル科学と超分子科学
研究内容(10)
超分子科学
JACS 2004, Angew. 2004など
トピック一覧へTopics_JP.htmlshapeimage_6_link_0
相田研究室トップへ../AIDA_LABORATORY_JP/TOP_JP.htmlshapeimage_7_link_0
  前のトピックへMolecular_machine.htmlshapeimage_8_link_0
Molecular_machine.html