カーボンナノチューブとイオン液体を混合し、超音波にかけると、特異なゲルが生成することを見出した。バッキーゲルと銘打ったこの新しいソフトマテリアルは、60 s cm–1という破格に高い導電性を示す。次世代のエレクトロニクスを牽引する人工筋肉アクチュエータや伸縮性導電材料として注目されている。実用化を目指した展開(共同研究)も行われている。
バッキーゲルを用いる柔軟・伸縮性電子材料
研究内容(5)
Science 2003, Science 2008
Nature Materials 2009など
エネルギー
次のトピックへ Organic_semiconductor.htmlshapeimage_6_link_0
トピック一覧へTopics_JP.htmlshapeimage_7_link_0
相田研究室トップへ../AIDA_LABORATORY_JP/TOP_JP.htmlshapeimage_8_link_0
  前のトピックへGraphite-nanotube.htmlshapeimage_9_link_0
Organic_semiconductor.html
Graphite-nanotube.html