ATPに応答して形を変える生体内分子機械「分子シャペロン」変異体がある条件下で一次元に自己集合し、ナノチューブを与えることを見出した。このナノチューブはゲスト分子を内包し、ATPや光などの外部刺激によりゲストを放出する。ドラッグデリバリーの新しいコンテナーをして研究をすすめている。
生体内分子機械(シャペロン)からなる刺激応用性
バイオナノチューブの創製とドラッグデリバリー
Nature 2003, JACS 2009など
研究内容(2)
ナノバイオ
次のトピックへ Aquamaterial.htmlshapeimage_6_link_0
トピック一覧へTopics_JP.htmlshapeimage_7_link_0
相田研究室トップへ../AIDA_LABORATORY_JP/TOP_JP.htmlshapeimage_8_link_0
  前のトピックへMolecular_glue.htmlshapeimage_9_link_0
Aquamaterial.html
Molecular_glue.html