前出のモレキュラーグルー(分子糊)の機能を活かして、粘土ナノシートを三次元的に貼り合わせることにより、重量の98%が水であるがプラスチックとして振る舞う次世代のハイドロゲル(アクアマテリアル)を開拓した。酵素を含有するアクアマテリアルは、水中での物質変換反応に利用できる。環境に負荷をかけない水を原料とする新しい材料の誕生である。
低炭素社会を牽引する「アクアマテリアル」の開拓
水の材料科学
研究内容(3)
環境
Nature 2009など
次のトピックへ Graphite-nanotube.htmlshapeimage_7_link_0
トピック一覧へTopics_JP.htmlshapeimage_8_link_0
相田研究室トップへ../AIDA_LABORATORY_JP/TOP_JP.htmlshapeimage_9_link_0
  前のトピックへBio-nanotube.htmlshapeimage_10_link_0
Graphite-nanotube.html
Bio-nanotube.html